FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

只今準備中!

念願のロッド「鱗海 SPECIAL RB 00-530」を手に入れてから「早く試したい」気持ちでいっぱいでしたが、明日8/1にやっと釣行できそうです。台風の影響で鳥羽方面は厳しそう。知多なら何とかできそうですが、午後からは雨の予報ですので、日の出から午前中の勝負となりそうです。
新しいロッドを使う!という事で釣具屋さんで色々買いました。
まずはライン!

愛用のリール、シマノBBX-DESPINA C3000DXGに巻かれたダイワのアストロンのフロートタイプです。800円と比較的安価だったのとオレンジ色で視認性が良さそうなのが決め手となり初めて購入しました。アストロンは以前のサスペンドタイプが中々良かった(鱗海AXで使用時にほとんどトラブルがなかった。)ので期待してます。でもまぁ本来、新しいロッドは仕掛け全体を沈めて穂先で当たりを取るのに適しており、水に浮くラインは使いにくいかもしれませんが、オレンジの色を試したかったのと、いつもの浮きで当たり取る釣り方をする場合ラインメンディングはフロートの方がやりやすいでしょう?とりあえず使ってみますわ!
ハリスは2種類用意!

ダイワのディーフロンの1.5号と1.2号です。明日は1.5号をメインにして食い渋ったら1.2号に変えます。今日は少し暑さもやわらいだ気がしますし、明日曇天になって食いが立てば1.5で押しきれると期待してますがどうなるでしょうか?!ちなみにこのハリス、値段の割に良くできててフロロカーボンの割には柔らかくしなやかです。刺し餌を自然に漂わせるフカセ釣りではこの柔らかさが重要で愛用してる一品です。
こうして見てみるとロッドやリール、ロッドケースはシマノを使ってますが、小物はダイワが多いですね。ラインカッターやナイフ、フライヤーもダイワですわ。ただラインとハリスに関してシマノは高い!それぞれ2000円もしたんじゃ手がでませんわ!
最後に竿受けを新調!

4万もする鱗海スペシャルRBです。直接地面に置いてのダメージ折れだけは絶対に防ぎたい!このロッドは折れたら大変なんです。
例えば穂先が折れた場合、鱗海AXでも5000円程度かかってましたが、スペシャルだと修理費用9000円程度するうえ、修理期間が3ヶ月は余裕でかかるとのこと!
とにかく大切に扱うのだ!
こうしてあれこれ準備するのもけっこう楽しいものです。
スポンサーサイト

鱗海SPECIAL RB 00-530

遂に手に入れました。

鱗海SPECIAL RBです。ぼくは柔らかいロッドが好きで00を選択しました。しかしこのロッド、現在メーカーに在庫が無く、また生産予定も無いという入手には厳しい状況でした。HP上ではメインのチヌ竿として扱われてはいるのですが、コアなフカセ釣りや紀州釣りに使われるて絶対的な需要が少ないからか生産予定も無し。それでもどうしても欲しくて、フィッシング遊桑名店で色々相談してる従業員さんに駄目元でお願いしてみるとシマノの営業さんが全国から探してくれたようです。
このロッドの魅力、まずは「細い!」「無茶苦茶細い」です。今まで愛用してきた鱗海AXと比べると2/3位の太さです!

そして、軽い!自重145g。AXが170gですから2割程度軽い事になります。
そして、全ガイドIMガイド搭載!

AX時にガイドにラインがからまってよく折りましたが、この手のトラブルは激減しそう!

白の穂先も見やすそう!こいつとなら全層で穂先で当たりを取ってみたくなります。
ロッドと一緒に買ったメンテスプレー!

今までのように車用のワックス使う訳にもいかないので買いました。とにかく大事に使うぞ!
はやくチヌかけて曲げたい!

2012.7.18釣行記(知多豊浜漁港)

昨日梅雨があけ夏本番です。チヌのフカセ釣りを始めて1年になります。
冬と春は一匹も釣れず。考えてみれば港内の夏釣れた場所でばっかりやってたのでは釣れません。多分いなかったのでしょう。でもやっと夏!去年のパターンをよく考えて15:00~日没までの時間できるよう家を13:30に出発します。やってきたのは豊浜漁港です。
もうすぐ鯛祭りがあるようです。
釣り座の様子は
こんな感んじ。晴れてますが多少風があって海面がざわついています。中々いい感じです。
ハリス1.5号を2ヒロ、針は3号、2Bの半誘導からスタート。暫くは当たりもなく我慢の釣りが続きます。夕方になって刺し餌がなくなり出します。中々針がかりしないのでハリスを1.2、針を2号に落とします。

37cmです。その後同じサイズと35cmを追加。



数釣りが楽しめ今日は満足です。

2012.7.8釣行記(知多篠島)

今日は一家でお出かけ。家族サービスしながら家計で交通費、船代も出してもらおうという悪だくみです。
行き先は知多の先から船に乗って篠島です。去年は2回釣行し30cmくらいのを2枚釣りました。
まずは師崎港から高速船に乗り目的地へ向かいます。篠島へはちょうどお昼に到着し目的の一つのシラス丼を食べます。

右下の小鉢はアナゴの稚魚らしいですがこれも美味しかった!
さて、お昼後は子供達をかみさんに押し付け釣りに。
Bの浮き、ハリス2ヒロでBのガン玉をハリスの中央に打ちます。潮は手前から出て行く潮で浮き下を調性するも中々底が取れません。そこで6Bのガン玉をフックに打ち水深を測ってみると結構深い!
仕掛けを3Bまで重くし潮に負けて浮き上がるのを防ぎます。暫くすると浮きがゆっくり沈みます。「これ当たり?」沈み方がゆっくり過ぎて当たりかどうか分からなかったんですが合わせてみると手に重量感!根がかりかと思いましたが「動く!」上がってきたのはちょうど40cmのチヌ!

かかりは皮一枚でばれてても不思議なかった感じです。取れて良かった!

憧れの地へ2012.7.02

今日の休み、来ました。神島です。

三島幸夫の潮騒の舞台になった所です。島の周囲は大規模なテトラで覆われており、潮が速く愛知の磯フカセ釣りのチームがホームにしてるとか・・・。今日は残念ながら海のうねりが大きく島外周での挑戦は断念しました。港はちょうど干潮で良く見えますが、早くも難敵スズメダイが無数に見えます。
ヤバイと思ったのですが、とりあえず開始!上層のスズメダイにやられ当たりもなくさし餌だけなくなる状態が続きます。仕掛けをBから3Bへ浮き下も10m程度に変更。釣れた魚はベラ。ポイントを移動する間悠然と泳ぐシーバスを見かけました。
帰りの船が3時45分で3時には納竿しました。この日もチヌには会えませんでした。

船着場近くの食堂で食べたゴハン。中々美味しそうだ。
プロフィール

Eisai Angler

Author:Eisai Angler
チヌ(黒鯛)のフカセ釣りに夢中の双子の女の子の父親です。2011年7月から始めましたが中々腕もサイズも上がりません。たまに釣れるチヌの引きが忘れられずついつい釣りに出かけます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。