FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.6.29釣行記(鳥羽答志島)

今日はちゃんと早起きできました。自宅を5:00に出発し鳥羽方面に車を走らせます。駐車場は前回の一日100円のパーキングにしようとしたのですが

いきなり3倍ですか!!それでも格段に安いのは確かなのでここに駐車する事にしました。
8:00発の直行船に乗り外に出て潮風に当たると中々気持ちいいですね♩

船から見た答志島です。
40分程船に乗ると目的地大答志港に近づきます。

釣り禁止じゃなかったら一度このテトラでやってみたい!!ビール瓶クラスのアイナメのポイントとして有名だったんですがいつの間にか禁止になっちゃいました。ここなら真鯛も狙えそうじゃないですか?
さて、今日の答志島ですが、

こいつと

こいつが湧きまくってました。30cm前後のグレは終日で2ケタ超えたし、フグは数えきれん!何回フグにハリスを切られた事でしょう!
午前中の様子で苦戦が予想されたので思い切って10:30位から釣り場を休ませ前回釣れた14:00と夕まずめに、撒き餌とさし餌を集中して打つ作戦を立て、港の待合室で仮眠を取る事にしました。(本当はあまりの暑さにダウンしただけですが・・・)
さて14:00に再開!仕掛けは半誘導で2B、浮き下6mではじめるとまたしても30cmクラスのグレが食ってきます。棚を深くしたいところですが干潮近くであまり水深がないので、浮きをBに落としなるべくゆっくり沈めていきます。すると浮きがゆっくり入っていき、消し込みました。合わせも決まりいい手応え!まぁまぁサイズのようです。
鱗海specialRBが「⊂ーー」ってなってます。このロッドの凄いところは、かけた後無理にライン巻かなくてもロッドの弾力に載せて溜めてるだけでこの40クラスの黒鯛を勝手に浮かせてしまう所ですね!ビューって走った時だけレバーブレーキでライン出してやれば、黒鯛ならほぼ取れちゃうんです。磯でライン出さずに耐えなきゃならないシチュエーション(尾長のデカイのやサンノジかけちゃったら)はキツイでしょうが!

・・・・

あがったのはこいつ!!


46cm!!(GOODサイズ)

その後はからっきしでしたがこのサイズが出れば満足ですね!
スポンサーサイト

2013.6.24釣行記(豊浜漁港)

本当は鳥羽に行きたかったんですが寝坊して船の時間厳しそうだったんでやむなく豊浜にしました。なんとか天気も持ちそうで。去年はこの時期結構釣れたんですが今年はどうでしょう。
10:00に到着しました。

何か雰囲気ありそう♩で、足元から見てみると異変が・・・

1い貝が付いてない。。。
2無数のエサ取り。。。

やばい?取り敢えずやってみよう。

1時間経過...

当たり無し

3時間経過・・・

当たり無し

とにかくさし餌が何かにかじられて、ぐちゃぐちゃになって返ってきます。

そのうちこのエサ取りを蹴散らしてチヌが・・・

来ませんでした。

やっぱ釣果のコツは場所ですね!次回やっぱりがんばって答志島にしよう。

答志島ってシマノの黒鯛サイトやチヌ道一直線で山本太郎さんが紀州釣りを紹介してるんですが、意外に釣り人の少ない不思議な場所なんですよね。他に筏など釣り場がいっぱいあるから分散するんでしょうか?

むらむら・・・

6/5以降仕事の休みが3連続雨と釣りに行けない日が続いてます。今日も昨日から天気もってくれと祈ってたんですがやっぱ駄目でした。次回釣行は6/24になりそうです。
で、今日は一日タックルを磨き上げてました。
まずはロッド、

2#~5#は車用のワックスを塗って乾いてから拭き取っていきます。こうしておくのが良いのかどうか分かりませんが傷が付きにくくなるような気がします。ただし穂先とガイドはボナンザのロッドメンテを使います。これはガイドやラインが穂先に固着したり絡んだりして折れるのを防ぐ為です。本当は全部に使った方がいいんでしょうが一本2000円近くするのでケチって使ってます。
次にリール、

BBX-デスピナにオイルメンテかけてます。このリールも今シーズンが終わったらメーカーメンテに出す必要がありそうです。買って2年、こればっか使ってます。欲を言えばもう一個予備が欲しい所です。
で一通りタックルのメンテが終わったあと釣り具屋さんにブラリ。。。でこれを衝動買い。

リールじゃないです。(水洗いして乾かしてたんです。)
メジャーの方です。前回せっかく50オーバー釣ったのにメジャー忘れて困ったのと、過去の写真見てイマイチ魚の大きさが分かりづらいと思ったのでついつい買っちゃいました。折りたたむと、

こんな感じで持っていくのも荷物になりにくいので重宝しそう。
次の釣行は去年一番釣れた時期「梅雨明け」になるでしょうか?早くロッド振りたいものです。

2013.6.05釣行記(鳥羽答志島)

桑名市の自宅を4:30に出発し、鳥羽佐田浜港8:00発の答志島直行船に乗り込みます。この答志釣行の難点は駐車料金の高さです。例えば佐田浜港に一番近い佐田浜市営駐車場に一日とめた場合2300円程かかります。鳥羽駅裏で1000円ととにかく駐車場が高いのですが、今日こんなの見つけました。

一日百円の駐車場!!!これは助かります。ただし、当然ながら佐田浜港までは最も遠く、特に行きは荷物が多く重いのでとにかく大変です。ちなみに今日の荷物はこんな感じ、

これでもチェアー等外し、持っていくものを絞ってはいるんですが・・・
フカセ釣りの宿命ですね!!

朝の佐田浜港です。何か雰囲気あります。本当ここが釣り禁止じゃなかったらやってみたいです。
さて、答志港に着いてまずはポイント選びです。今日は風も無いですし時期もいい季節になりかけてると思い、去年40cmを出したトンネルをを通り越した先の堤防に決定しました。到着時はド干潮!普段は10mくらいある水深が6mくらいで底が見えてしまいます。棚も分からなかったので00・ノーガン、ハリス1.5号2ヒロ半からスタートしました。今日は刺し餌で練り餌と生オキアミとベストオキアミLの3種を用意しました。
毎度の事ですがここは2枚潮が結構キツく中々仕掛けを真っ直ぐにできません。ハリスを1.2号に落とし、ガン玉を少しづつ足していき、最期には5号3個、6号1個の4段打ちになってしまいました。そこまで打ってようやく張りも保てますし、餌取りの当たりが出だします。

釣れた餌取りはメバルとベラ。仕掛けが底に行き過ぎてるとみて、ガン玉を一個外すと少し引きの強い奴がかかりました。浮かそうとすると下へ下へと突っ込もうとします。「グレだな。」

30前後あるでしょうか?しかしあくまで本命はチヌ!!今度はガン玉の一つを6号に落としてみます。イメージ的には底から10~30cmくらいに刺し餌を漂わせる感じで流したいのですが中々うまくいきません。そこで一つの決断をします。
「半誘導で少し重目の仕掛け試してみよう!水深(この14:00くらいは7~8mくらい)から2Bくらいかな!」
また、ハリスを1.5号に上げて新しいものに変更しました。この決断が成功しました!!
3投目、ポイントは10mくらい沖!棚は浮き下7m50cm前後。最初に撒き餌を3投し、仕掛けを入れた後4~5杯の撒き餌を追い打ちしていきます。すると浮きがゆっくり入っていき、一気に消し込みました!!すかさず合わせ!
ガンガンガンガン!!!!
ビューーーーーーーーー
「止まらん!!!何これ???」
と思いながら結構冷静にワイドな方に走ってるこれは大丈夫だ!とカメラの動画撮影開始ボタンをポッチっと・・・・。
というわけでこの後のやり取りは動画でどうぞ。。。。
          ↓↓↓
鱗海special RB 00-530の曲がり(チヌ52cm)







あがったのはこいつ




いったんじゃない???
「年無し」いったんじゃない???


帰ってから測ってみると・・・・

52cm!!!(自己記録)
というわけで2013年6月5日14:15、人生初の「年無し」を釣り上げました!!

2013.5.31釣行記(豊浜漁港)

梅雨の合間の釣り日和、ほとんどホーム化してる豊浜漁港に釣行しました。
今日の撒き餌はオキアミ3k(最近オキアミが不漁で値段が上がってますね。結構痛いです)をベースにマルキューのチヌの道、ダイワの4倍コマセチヌ。刺し餌は生オキアミオンリー!もう何種類か用意してたのですが家に忘れちゃいました。現場には8時に到着したのですが、ちょうど満潮から下げ潮に変わったばかりで漁港から出ていく潮が結構早い様子です。寝坊を悔やみましたがとりあえず撒き餌とタックルをセットしていきます。
ロッドとリールはいつものようにシマノの鱗海special RB00とBBX DESPINAの3000番、道糸は2号。浮きはFire Blood ZeroPit00。いつものように半誘導に変更できるようシモリ玉を通しておき潮受けとサルカンとセット。ハリスは1.5号を2ヒロ半取って、ガン玉無し、針は一刀チヌ3号でスタート。
新しい偏光グラス(ZEAL OPTICS)をかけてみて、やっぱ高いだけあってラインや浮きの見え方が全然違います。今までの安物とは明らかに違います!だからと言って海中の底まで見えるかというと「見えません!」そりゃ、海って濁ってるのに水面の乱反射を抑えるだけでは見えませんわなぁ!
さて、釣りを開始して中々餌がなくならない状況が続きます。10投してガン玉を追加、さらに10投してガン玉を追加。すると穂先がキュンって入ります。合わせてみたものの軽い!!

チビメバルでした。
そのままの仕掛けで何投かすると


何ですかこのヤモリみたいな気持ち悪い魚は?
見たところハゼの一種ようですが。仕掛けが底を取れてることだけは分かりました。少しだけ・底から数センチだけ上を漂わせるイメージで、ハリスの中央のガン玉を5号から6号に落とします。が反応無し。。。
午後になって風が強くなり、穂先の釣りがキツくなりました。また、干潮を迎え、当たりが全く無くなったので2時間程ポイントと体を休ませます。
再開後、更に風が強くなり穂先の入りが風か当たりか区別つかなくなっきます。そこで夕方は半誘導に変更。浮きはB、浮き下5Mくらい。数投すると浮きが水面30cmくらいまで入ったあと、スーっと消えます。

また、チビメバル。。。その後撒き餌を打ち切る18:00まで粘りましたが釣果無し。
本当にチヌっぽい当たりが一度もない厳しい一日でした。
プロフィール

Eisai Angler

Author:Eisai Angler
チヌ(黒鯛)のフカセ釣りに夢中の双子の女の子の父親です。2011年7月から始めましたが中々腕もサイズも上がりません。たまに釣れるチヌの引きが忘れられずついつい釣りに出かけます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。